乳酸菌4兆個 プロテサンS

ご購入は、こちら>>

乳酸菌FK-23の説明

乳酸菌は、代謝によって乳差の産み出す菌を総称して呼ばれる言葉です。
ですから乳酸菌と一言でいっても、さまざまな種類のものがあります。

乳酸菌は、善玉菌として腸内環境を整えて、私達の健康を支えてくれる大切な細菌類です。
乳酸菌の種類ごとに見ていくと、得意な機能が異なっています。

みなさん、FK-23という乳酸菌をご存知でしょうか。
乳酸菌の種類の中でも、私達の健康維持に優秀に貢献してくれる菌です。

この乳酸菌の特徴は、加熱処理した方が私達の体によく作用するという点があります。
通常、乳酸菌は熱に弱く63度以上で加熱すると死滅してしまいます。
菌なのに加熱処理に強く、しかもさらに効果を発揮するとはすごい個性をもった菌です。

FK-23菌は、他の乳酸菌と同じく私達の腸内で棲息する腸内細菌です。
腸の中でも腸管内にいます。

腸管内にいる細菌は、腸管内の環境を変化させることで活発になり、より高い機能を発揮するそうです。
乳酸菌の持つ機能の中でも、FK-23には免疫力をさらに高める力、血圧を下げる力の高さが、他の乳酸菌よりも優秀であることがわかっています。

さらにすごい特徴が先にも述べた通り、生きた菌の状態よりも加熱殺菌処理したほうが、免疫力をおよそ3倍も強化できる能力を持っているということが明らかになっている菌です。

FK-23の普段いる腸管内は、リンパ球のおよそ60%が集中するいわば免疫の臓器です。
その腸管内での免疫力上昇活動が促進されるということになれば、私達の恐れる免疫系統の疾病を免疫で予防できる可能性が広がります。

FK-23の疾病予防に関する具体的な働きとしては、まずは免疫力をアップさせる免疫賦活作用、そして感染症予防、肝炎の改善などがあります。
抗がん剤など薬による副作用を軽減する働きもあります。

主な働きである免疫力アップでは、白血球の活動を活発にして機能をたかめてくれます。
白血球の数を増やしてくれることは言うまでもありません。

私達の命を脅かすがんに対しても、さまざまな働きをみせます。抗がん剤の副作用を緩和させ軽減させることはもちろん、がん細胞そのものの増殖を抑制する動きが確認されています。抗がん剤投与時には、抗がん剤と協力してがんの増殖を抑えてくれますから、これはうれしい自然の援護射撃となるでしょう。

その他C型肝炎患者の肝機能軽減や、感染症の抵抗力を高める機能もあります。
このFK-23配合のサプリメントや機能性食品が市販されていますので、気になる方はぜひ日頃の健康増進にお試しになることをおすすめします。

乳酸菌の特許実績

II型肺胞上皮細胞活性剤(特許第5451703号)

発明の内容
LFKを投与することにより、ウィルス感染による過剰な肺の炎症を抑制すること、肺の保護タンパク質の分泌や、ガス交換に関わる細胞(I型肺胞上皮細胞)に分化できるII型肺胞上皮細胞が増殖し、肺機能障害を緩和させることが確かめられた。

現状の治療・副作用など
重篤な肺炎を引き起こす例として、インフルエンザ治療に用いられる抗ウィルス剤は、過度な使用により薬の効かないタイプのウィルスの出現が問題となる。

また一部の薬では副作用として、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの胃腸症状や、乳幼児の異常行動などが報告されている。

色素沈着抑制剤(特許第4326905号)

発明の内容
剃毛したモルモットに紫外線を照射し、光彩色差計を用いて皮膚の色の経時変化を調べた。

その結果、あらかじめLFKを餌と一緒に摂取していたモルモットでは、普通の餌のみを摂取していたモルモットに比べ、紫外線による皮膚の黒化(日焼け・色素沈着)が約30%抑えられていた。

現状の治療・副作用など
日焼けを抑える方法としては、日焼け止め乳液等を直接皮膚に塗布する方法が一般的であるが、小児や皮膚の弱い人に対しては炎症を引き起こす恐れがある。

また、経口摂取による色素沈着抑制剤としては、ビタミンCを含むものや、L-システインを含むものがあり、代表的なものとしては、ハイチオールC(1カ月、約4,000円)があげられる。

感染防御剤(特許第2969017号)

発明の内容
抗ガン剤、または免疫制御剤投与で免疫力を低下させたマウスにガンジタ菌を感染させ、FK-23菌を投与したところ、マウスの生存率が上がり、病原菌感染を防ぐことが確認されました。

現状の治療・副作用など 老化や糖尿病、そしてそして抗ガン剤による副作用で免疫力が低下すると、ガンジタ菌などの日和見感染と呼ばれる病原菌に感染します。

C型肝炎治療剤(特許第2712000号)

発明の内容
C型肝炎の患者にFK-23を投与したところ、顕著な肝機能の改善がみられました。
肝ガンへの進展を抑えることが期待されます。

現状の治療・副作用など
日本国内に250万人以上のC型肝炎ウイルス保菌者がいるといわれています。
C型肝炎は自然治癒率が低く、慢性肝炎、肝硬変、肝ガンと進行する確率が高いが、決定的な治療法は確立されていません。

毒性軽減剤(特許第3040699号)

発明の内容
最も優れた抗ガン剤の1つシスプラチンの副作用軽減剤。

マウスの動物実験でシスプラチンの副作用・腎機能の障害や体重減少を抑え、腎臓の組織像観察でも腎細胞の障害を抑えられていました。

現状の治療・副作用など
現在の抗ガン剤は、ガン細胞に対する効果が強いほど、正常細胞あるいは生体に対する副作用が強く、十分その成果をあげておりません。

たとえば、最も優れた抗ガン剤の一つのシスプラチン。
大量投与や長期投与により、病理所見で腎細胞の懐死が見られるようになり、胃細胞の障害が現れると他の臓器に対する毒性が強く現れます。

このため、シスプラチンの作用を弱めることなく、他の気管に負担のかからない、安全な、毒性のない、抗ガン剤の毒性軽減剤が求められています。

抗腫瘍剤およびその製造法(特許第3040711号)

発明の内容
乳ガン細胞を移植したマウスに移植翌日からFK-23菌を与えると、ガンの縮小が見られました。
副作用はありません。

現状の治療・副作用など
現在のガン治療は主に外科的療法、放射線療法、そして抗ガン剤で行われているがいずれも重い副作用があります。

リンパ球などの免疫細胞には、ガン細胞を排除しようとする働きがあります。
この働きを高める物質を免疫療法剤と呼び、発見・開発にしのぎをけずっていいます。
現状の免疫療法剤は発疹や薬剤過敏症などの副作用があります。

血圧降下剤(特許第2889481号)(特許第2889491号)

発明の内容
【特許第2889481号】
高血圧症のラットに降圧作用を有する安全な乳酸菌を投与し、どの部分に降圧活性があるか検討した結果、容菌した菌体中の核酸(RNA)部分に活性があることを突き止めました。

【特許第2889491号】
高血圧症のラットに降圧作用を有する安全な乳酸菌を投与し、どの部分に降圧活性があるか検討した結果、容菌した菌体中の核酸(DNA)部分に活性があることを突き止めました。

現状の治療・副作用など
高血圧は動脈硬化や心筋・脳梗塞など重篤な疾患の原因となります。
高血圧の治療には降圧剤の長期服用が必要で種々の副作用が問題となっております。
このため、副作用のないものが求められています。

酒さ治療剤(特許第2944662号)

発明の内容
対症療法薬(ミノサイクリン)で効果のなかった14人の患者にLFKを飲用してもらった結果、改善率72%でした。症状が悪化、副作用などは1名もありませんでした。

現状の治療・副作用など
「酒さ」とは顔面に紅斑が現れる疾患で、中高年以降のヒトに見られる症状です。
根本的な治療法はなく、美容上の問題となっております。

抗アレルギー剤およびその製造法(特許第3040744号)

発明の内容
実験的にアレルギー症状を起こしたマウスにLFKを投与したところ、抗ヒスタミン剤(ケトチフェン)と同等にアレルギー症状を抑制しました。
さらにLFKと抗ヒスタミン剤を併用すると、その活性化が強まることも明らかになってきました。

現状の治療・副作用など
アレルギー性疾患は増加の一途をたどっています。
特にアレルギー性鼻炎、花粉症、アレルギー性皮膚炎など、即時性アレルギーが大きくかかわる疾患に羅患する人が増えています。

抗アレルギーといえば、抗ヒスタミン剤。
しかし、抗ヒスタミン剤は、アレルギー反応を抑制するだけでなく中枢神経系にも作用するため、ほとんどの場合に眠気、倦怠感の副作用が生じます。
この副作用によって、昼間の活動を妨げ日常生活に影響が出る場合が多々あります。

このほかの作用機序を示す薬剤も、肝臓に対する障害のあるものや、心臓血管系の障害など、投与中止要因になる副作用を有するものが多いのです。

白血球減少治療剤(特許第3272023号)

発明の内容
抗がん剤で治療すると、白血球の減少により感染症となり、最悪の場合死亡します。

抗がん剤を使用したペット(犬)にFK-23を投与したところ、白血球を回復させました。
また抗がん剤による死亡も抑えることがわかりました。

現状の治療・副作用など
がん治療に使用する抗がん剤によって、正常な細胞も傷害を受けます。
特に白血球数の減少によって病原菌による感染症にかかり、死亡することもあります。
そのため、副作用のない抗がん剤および、その副作用を抑える薬剤の開発が望まれています。

乳酸菌の分類

皆さんは乳酸菌というとなんでも同じだと思うかもしれません

実際はものすごく細かく分類がされていまして、まず菌の形で棒状のを桿菌と言いまして丸いのを球菌といいます
球菌の方が形からして吸収されやすいのです

それと加熱処理したのを死菌といいます
生菌は昔はいいと言っていました
米のとぎ汁うんぬんとか言いますが、実際はあれらは無効となります

生菌はとにかく腸に届きにくい
そしてなんとか届いたとしても滞在時間が短く、免疫力が上がるわけではないんです
大腸にいきまして、整腸作用がよくなる程度が期待できるのです

死菌は免疫力をあげる小腸に行きまして、普段眠ってる免疫を起こして免疫力をあげさせる
なので免疫活性能レベルが高いのとたくさん入れないといけない
そうしないと起こさせないからです

私の方では各会社の菌の内容資料をもっていますが、どれも桿菌だらけです
桿菌はイマイチですが、こんなの素人にはばれません
ばれなければ何やってもいいと思ってるのか

そして私の方ではフェカリス菌を販売していますが、これも面白く球菌、死菌で免疫活性能レベルが高いのですが、精神が落ち着くタイプなのである
これは要はうつ病、心身症、ヒステリー等に適してる

以前取り扱っていたのが今以上にお値段がすごく高いもので、これまた同じフェカリス菌ですが、これは元気になるが脳が興奮状態になる特徴があり、医者に説明したら脳が興奮したら治らない、脳から病気になる指令を出してるから興奮を抑えないといけないと言われました
なので取り替えをしないといけなかった

今のが免疫活性能レベルが高く精神を落ち着かせるので、素晴らしいとなり販売してる次第である
ここの会社の担当者もかなりきちんとしていて、工場は伊賀にあるのですが見学はできます
たまに海外で作られてるのを販売してる可能性が高い会社もある
そういう面では安心できる

ここはそれ以外でも厳しいシステムがあり、特に私となるとすごくきちんと対応をしてくれてる
ありがたい

癌とサプリメント

私のほうで引き受けてる癌の方へ

これも確実なので再度言います

最初はわらにもすがる気持ちで私にお願いし、サプリメント飲み、癌に強い祈祷も受けてトータルでのバランスが良くていい結果を出してますが、安心しサプリメントをけちって飲むのをやめたら再度元に戻ります

うちのほうで、どこに行っても良くならなかったのがたったの1回サプリメントを購入したら良くなり、安心していっさいサプリメントを飲むのをやめたら、また元に戻り飲む量を増量せざるえなくなりました
私のアドバイスを聞かないと意味がなくなります

だから、癌に強い住職が何度も言ってます
神様頼みだけはやめてほしいと
命がかかってるので何度も言ってもアドバイスを無視し、結果泣きついてくる
再度となると難しくなります。

販売してる所の商品内容

肝臓、癌、内蔵から来る口臭、やる気が起きるにいい、びわまる
腸内環境が良くなる乳酸菌、私の方で販売してるのは免疫活性能レベルが高く、かつ精神的に落ち着くタイプなので、うつ病、心身症にも期待ができる
腸内環境が良くなるとセロトニンが作られ、精神が落ち着く

森川酵素
酵素は人間には必要なのであるが、これも難病の方に飲んでもらったら、すごくいいと評判が良かった
難病の方はすごく体が敏感なのです

ユーフォリアは癌、痛み、緑内障、難聴、メニエール、脳梗塞の予防、術後のケアにいい

口に入れるのは一歩間違えたら毒となります

びわまる、乳酸菌、酵素の必要性

びわまる、乳酸菌、森川酵素は本当に必須でして、これは、わかる人にはわかる話です。

びわまるは生命力が強くなると言われていて、肝機能が良くなるのですがこれもかなり強力なのです
その辺の怪しいサプリメント飲んで体を壊すぐらいなら、ポイントを抑えたものを飲まれたほうがいい

乳酸菌は論文に目を通し、桿菌でなく球菌で(球菌の方が吸収が良い)免疫活性能レベルが高いのでこれにし、きちんと調べたらわかるのと膨大な資料に目を通し、全部細かくチェック入れていく
すごい大変な作業である

森川酵素
これも必須である
癌、難病の方には絶対森川酵素です

乳酸菌で免疫活性能レベルが高いと、放射能防御ができるという
これはかなり前から知っていてそのデータも見たが、確かにと確信している
 ちなみにこの乳酸菌会社はかなり厳しい会社です。


乳酸菌と美肌

私の所で販売してる乳酸菌を飲まれてる方から連絡がきますが、やはり肌がきれいになるという感想が多い
以前からこれは私の方では知っていて、証拠写真としてモニターさんにお願いしてとらせていただいた

なので、体の中からは乳酸菌
外からは世界初コラーゲンで(芸能人御用達)若返るという、年齢不詳づくりを目指してる
やはり、見た目若いほうがいいのです
そのほうが気分が明るい

私は、世界初コラーゲンに関しては証拠資料も何気にとってきた
それを知ったある仕事関係者は、あそこの企業はかなり厳しいのによくできましたねと言われた
私はそういうのは、上手いのです

これをうちで商品購入された方には、商品の中にこの資料を送ってる
病気ばかり気にするのでなく、意識を違う所にもっていかせるのも大切です
乳酸菌とはほんと、とったほうがいい

中国では、以前の話ですが(1~2年前)、現地にいた仕事関係者が奇病でバタバタ死んでると言い、現地の新聞を何社もスカイプ越しに見せた(日本にはそういう情報がほとんど入らなかった)
そんな中国ですがここが頭がいいと思うのだが、以前から乳酸菌・酵素が大人気なのです

漢方は少しでも成分が変わると、同じ名前でもまったく効かなくなるという特徴があり、今はそんなに期待できない
漢方はほんと高額でありながらダメで、たいていの方が大金を失くしてる
あれは今の時酸菌 再度説明

乳酸菌について。
実は乳酸菌は本当にすごいものはすごく、今までうちのお客様でどこに行ってもよくならなかった5年間もあった卵巣嚢腫が10か月後でなくなり、毎日薬を飲まないと即全身に一気に出る全身のじんましんも完全に治りました。
これも10か月後です。

それ以外でもアトピー、薬が効かない喘息、それと腸内環境を良くするとお肌もきれいになります。
若く見えるのです。
しかしほとんどの乳酸菌がいまいちで、それで悔しい思いをした方がたくさんいます。

まず乳酸菌は、エビデンス(科学的根拠)がないといけません。
膨大な量のデータが証拠みたいなものです。

次に球菌、球菌とはそのまま丸い形をしていまして、
長方形の桿菌に比べると形からしてですが、吸収がいいといわれております。
そして生菌は免疫力を上げることは難しいです。
生きて腸に届くというのが生菌です。

しかし実際は腸まで届きにくいのと届いても長くいることはできずせいぜい良くなるのが、
お通じが多少良くなる程度です。
お通じ程度でしたらもっと強力な食品があります。

免疫力を上げさせるのは死菌、そしてフェカリス菌です。
あと菌の量は多ければ多いほど、免疫力を上げさせることができます。

以前うちのお客様に試したところ、やはり菌の量が多いほうが美肌になりやすかった。
そういうところから、菌の量は意識しないといけません。

それと工場は、日本国内のみにあることは必須です。
今は海外でも工場があるところがあります。
すると海外で作ったほうが安いので、本当は海外アジアで作ったものを、
ばれないので日本の工場で作ったということもありうると思います。

昔の医者は、難病治しは必ず腸内環境を整えるということをして、次々難病を治しました。
腸には、免疫力を上げさせるところがあります。

しかし、そこはいつも寝ております。
そのために刺激を与えるのが乳酸菌です。

私のところは、癌で有名な帯津良一医師の病院と取引をしてるびわ療法の大物の先生がいまして、先日聞きましたが癌には食事療法、びわではスピードが間に合わないと言って、私のところで販売してる乳酸菌の箱を持ち上げて、こういうのがないと難しいとおっしゃいました。

そんな先生に厳しく指導を受けてようやく推薦をいただくことができましたので、
どうか乳酸菌を信頼できる所からお買い求めください。
ちなみにほとんどの販売してる方は、何も知識がありません。
なので何か聞いても、いまいち返事です。

私のところですと担当者はすごくしっかりしておりまして、
休日でも緊急があれば必ず折り返しの電話をしてくるほど厳しい感じでやっております。
今なら乳酸菌プロテサンSを2箱購入しましたら、酵素エキスを1箱プレゼントで差し上げます。代は環境汚染などで、昔ほど効かないのではないかと思われます

乳酸菌FK-23の説明

乳酸菌は、代謝によって乳差の産み出す菌を総称して呼ばれる言葉です。
ですから乳酸菌と一言でいっても、さまざまな種類のものがあります。

乳酸菌は、善玉菌として腸内環境を整えて、私達の健康を支えてくれる大切な細菌類です。
乳酸菌の種類ごとに見ていくと、得意な機能が異なっています。

みなさん、FK-23という乳酸菌をご存知でしょうか。
乳酸菌の種類の中でも、私達の健康維持に優秀に貢献してくれる菌です。

この乳酸菌の特徴は、加熱処理した方が私達の体によく作用するという点があります。
通常、乳酸菌は熱に弱く63度以上で加熱すると死滅してしまいます。
菌なのに加熱処理に強く、しかもさらに効果を発揮するとはすごい個性をもった菌です。

FK-23菌は、他の乳酸菌と同じく私達の腸内で棲息する腸内細菌です。
腸の中でも腸管内にいます。

腸管内にいる細菌は、腸管内の環境を変化させることで活発になり、より高い機能を発揮するそうです。
乳酸菌の持つ機能の中でも、FK-23には免疫力をさらに高める力、血圧を下げる力の高さが、他の乳酸菌よりも優秀であることがわかっています。

さらにすごい特徴が先にも述べた通り、生きた菌の状態よりも加熱殺菌処理したほうが、免疫力をおよそ3倍も強化できる能力を持っているということが明らかになっている菌です。

FK-23の普段いる腸管内は、リンパ球のおよそ60%が集中するいわば免疫の臓器です。
その腸管内での免疫力上昇活動が促進されるということになれば、私達の恐れる免疫系統の疾病を免疫で予防できる可能性が広がります。

FK-23の疾病予防に関する具体的な働きとしては、まずは免疫力をアップさせる免疫賦活作用、そして感染症予防、肝炎の改善などがあります。
抗がん剤など薬による副作用を軽減する働きもあります。

主な働きである免疫力アップでは、白血球の活動を活発にして機能をたかめてくれます。
白血球の数を増やしてくれることは言うまでもありません。

私達の命を脅かすがんに対しても、さまざまな働きをみせます。抗がん剤の副作用を緩和させ軽減させることはもちろん、がん細胞そのものの増殖を抑制する動きが確認されています。抗がん剤投与時には、抗がん剤と協力してがんの増殖を抑えてくれますから、これはうれしい自然の援護射撃となるでしょう。

その他C型肝炎患者の肝機能軽減や、感染症の抵抗力を高める機能もあります。
このFK-23配合のサプリメントや機能性食品が市販されていますので、気になる方はぜひ日頃の健康増進にお試しになることをおすすめします。

心身症、うつ病に乳酸菌

乳酸菌は、うつ病と心身症に良い作用を及ぼします。

ただし同じフェカリス菌でも全然タイプが違う
以前取り扱っていたフェカリス菌は、飲むとありないほど力が出てきて、なんとなくですが興奮状態になるような気がしていた
これで心身症にきくのか?と思っていた

上記の病気は、精神を落ち着かせないといけないからです
なんか違うよねーと思い、あんまり心身症、うつ病にいいとはあえて書かなかった

あるとき、違う乳酸菌会社の営業の方がいらして、その時にたくさんそこの乳酸菌を飲んだら、なんか落ち着くのです
ホッとする
前回みたいに興奮状態にならない

担当者は私が聞く前にすばやく、この乳酸菌はプチ鬱病にいいとおっしゃった
確かにそうだろうと思い、試しにうつ病の方、すぐヒステリックになる方に飲んでもらったら、案の定精神が落ち着き始めてきた

これは一般的には、腸内環境が良くなることでセロトニンが作り出されそれで精神が落ち着き、うつ病心身症にいいのかもしれない
精神はやはり落ち着いていないといけない
なんせ病気は精神とつながってるのだ

アトピーの方はよくこの意味がわかると思う
ストレスがたまるとすぐかゆくなるからだ
だからうちで販売してる乳酸菌はどうしても外せない

以前、ある先生に昔取り扱っていた乳酸菌を飲んで感想を聞いたら、興奮したら病気が治らないでしょ?と鋭い突っ込みをいれられた
確かにそうです

面白いことで同じフェカリス菌でも微妙に違いまして、興奮するタイプと精神を落ち着かせるタイプがある
なのでここは謎ですが、同じフェカリス菌でもなんかが違うのでしょう

よく質問でくるのがスーパーのヨーグルトです
あれでは力不足で無理で、知ってる方は知ってる
お菓子感覚で食べる分にはいいですが、あれで何とかは無理です

そんなに簡単だったら、癌の方は高額な金額でサプリメントは買いません
癌になられた方、家族は相当勉強しています
そしていろいろと試していくのですが結局、安いものは買わない
レベルが違うとわかるのです

これ昔、私が勉強で試食販売していた時に癌になられた方のほとんどが同じことを言っていました
腸内環境を整えるには長期戦です

断食で有名な甲田光雄医師も、厳しい食事制限を患者さんにしていましたが、あれだけストイックにやっても1年でなんとか難病がよくなった
断食は腸内環境をよくさせるのですが、それでも1年はかかる
それでも長くやってもよくならない方もいた

あれは要は認知行動療法をしていなかったからだと思います
考え方についてやらなかった
それさえきちんとやればもっと良くなった方が多かったのかもしれないと思う

私の所で販売してる商品はこちらで、私の方で購入された方には紹介が必要だと思えば信頼できるお寺にご紹介をしています

乳酸菌、びわまる感想メール

おはようございます。
びわまる乳酸菌がとてもいいです。

今朝久しぶりに、強く意識することもなく便通が来てすっきりしました。
ここ1年便が細かったり、すっきり感がなかったり、時々腹痛があったりと腸の病気を疑っていて、検査をしていたところでした。
結果は来週すべて出そろって聞くのですが、今のところ悪性の疑いはないとのことです。

乳酸菌 美肌とダイエット女性にうれしいわけ

乳酸菌ですがあれは、色素沈着抑制作用、肥満抑制作用があるのです。
なので飲み続けていくうちに、肌が透明感があるような美肌になるという、女性にはうれしいですね。

日焼けが薄くなったというデータがあります。
しかもマウスで実験をしましたところ、ダイエットにも大変いいというのが分かったのです。

元々太りやすい体質のマウスに対して高脂肪食を与えて、体重変化や体脂肪率、血糖値および肥満に関するホルモンであるレプチンについて調べたところ、体重では高脂肪食を与えることで顕著な体重増加が見られたマウスが、この乳酸菌を伴用することで体重増加抑制が認められ、血糖値やレプチンの値も通常食を与えた正常食郡に近い値となりました。